防犯性を高める鍵に交換しよう
侵入手口を知ることと補助錠の存在を知る
防犯専門の鍵屋に相談して鍵交換する
電子錠に交換して鍵フリーの生活をしよう

鍵紛失で侵入犯罪の被害に遭わないためには鍵開けの対策を行なう

日々巧妙化する侵入犯罪の手口とは

ドア

侵入犯罪の手口として一般的に知られているのがピッキングです。現在ではピッキングに強い鍵も数多く登場しています。しかし、侵入犯罪の手口も日々進化しているのです。ここではピッキング以外の侵入手口を見てみましょう。

こんなに多い侵入手口

サムターン回し
ドアに穴を開け、道具を使用してサムターンを回して鍵を開ける方法をサムターン回しと言います。ドアに穴を開けてサムターンを回す他に、ドア枠の間から道具を入れて回す手口やドアにある郵便受けから道具を使って解錠する手口もあります。
バイパス解錠
バイパス解錠とは、鍵のシリンダーリングを浮かしてできる隙間に工具を入れて本体の重要部分を壊して解錠する方法です。鍵本体を壊す方法なのでドアに穴や傷などを付けずに解錠することができます。バイパス解錠ができるカギは限られているため調べてみるとわかります。
バンピング
バンピングとは、特殊な「バンプキー」と呼ばれる鍵を使用することで正規の鍵でなくても簡単に解錠することができます。このバンピングという解錠方法は、ピンシリンダーにしか使用することはできません。しかしバンプキーの制度が良ければ誰でも簡単に開けることができます。
ノブもぎ取り
ノブもぎ取りはその名の通り、道具を使ってノブを無理やり取ってしまう手荒な手口です。経験を重ねた空き巣は、シリンダーのついたノブも簡単にもぎ取ってしまいます。円筒錠は特殊な工具を使用した場合には簡単に取り外すことができ、侵入犯罪の防犯性に欠けてしまいます。

鍵交換だけでは太刀打ちできないことも

このように犯罪の手口は巧妙化かつ、複雑化しています。いつ自宅に侵入犯罪の被害に遭うか分かりません。侵入を未然に防ぐためには鍵交換と一緒に補助錠の導入を検討しましょう。鍵交換に加え、補助錠を付けることで防犯性がさらに高まります。



TOPボタン